テクノロジーによる業務効率化は不動産業界にも恩恵をもたらすか

一般社団法人不動産テック協会は「2021年不動産テック業界はどうなるのか!」と題したオンラインセミナーを開催した。


セミナーにおいては、定量的な数値を用いた各種市場調査結果や、米国の不動産市況等についても解説が行われた他、日本の不動産マーケットについては、2020年も不動産市場には、コロナ禍にもかかわらず資金が流れ込んできたという実績があり、2021年もこの傾向が続くのではないか、との意見が出された。


また、テクノロジーの普及については、規模を問わず不動産会社にDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する動きがみられ、徐々に業界の意識が変わりつつある、との認識が示された。


テクノロジーの活用により、これまでになかった業務効率化や顧客体験を提供することが可能になってきており、それが顧客側からも差別化要因と受け止められることで、徐々に業界の認識は変わっていくものと考えられます。